トラブルを防ぐために大切なポイント

最近ではインターネットで商品を購入すること、サービスを申し込む事は抵抗がなくなっていると思います。
しかしながらプラットフォームを持っている事業者からではなく個人との取引を行う際にはトラブルを避けるために注意が必要です。
場合によっては詐欺やトラブルに巻き込まれることがあるからです。
もちろんのことながら不良品が出た場合のクーリングオフや返品、交換等のルールがきちんとなければ不利益を被ることもあります。

そこでそのようなトラブルを防ぐために消費者庁が定めたのは特定商取引法になります。もともとは訪問販売や電話勧誘等といったところが対象でしたが最近では法令の改正になりインターネットビジネスの世界でも当たり前のように注意が必要になりました。

ですから、自分自身が消費者としてインターネット経由で商品を購入したりサービスを申し込む際には、ホームページ上に特定商取引法に定められたルールがきちんと記載されているか、またはトラブルが発生した際のルールがきちんと設けられているかをチェックするようにしましょう。

まずは、顔合わせずにお金のやり取りをするだけに連絡先が明確になっていることを、電話番号っちだけではなくメールアドレスなのかをきちんと記載されていること、そして代表者の名前がきちんと記載のあること、さらにはクーリングオフや不良品であった場合の対応方法が明記されていること、事業の本拠地がどこであるかなどがきちんと記載されていることなどを確認する必要があります。

もちろんのことながら、問い合わせ窓口やよくある質問等が記載されていることなども重要になってきます。
また、最低限どのような情報を記載する必要があるかは消費者庁のホームページから確認することができます。

このような表記がきちんとできていない事業者との取引を行う事はリスクが伴うことを想定しておきましょう。
自分自身でリスクを回避するためには特商法のルールに従った表記がきちんとあるか、これを事前に確認することが重要になってきます。例えば同じコストで買い物を行うのであればリスクを避けて取引を行った方が安心だと言えるでしょう。

このように、簡単にインターネットで商品売買ができるようになった以上、リスク回避を自ら行うことが重要です。そしてそれを固定するものが消費者庁の定める特殊方法であると言うことを意識し、自分自身でリスク回避することを考えるべきだと思います。